【メキシコ製】グアダルーペ聖母「マリア像」のキーホルダー

211031C

990円(税込)

メキシコで最も愛されているグアダルーペ聖母のキーホルダー

敬虔なカトリックが90%以上と言われているメキシコ。
毎年12月12日は「グアダルーペ聖母の祝日」と定められています。
メキシコ人にとって、重要な宗教的祝日です。
このグアダルーペ聖母は「奇跡のマリア」と呼ばれ、褐色の肌をしていることから多大なる敬愛を受けています。
12月に入ると聖母グアダルーペが街の至る所に出現し、お店ではグッズが飛び交います。
子供たちが喜ぶ移動遊園地や屋台で街中大賑わいです。

こちらの商品は、聖母グアダルーペが描かれたキーホルダーです。
木製の枠フレームにマリア様の絵が書かれた紙にプラスチックのカバーがされています。
大きさは、手のひらにおさまってしまうくらいのサイズ感です。



お気に入りのバッグに下げたり、お守り代わりに車のミラーに下げたり。
お部屋のちょっとしたフックに掛けても、小さいながらも雰囲気を出してくれます。
メキシコを感じる事ができるアイテムで、日常を彩ってみてはいかがでしょうか。


ーー Informacion ーー

メキシコで制作されたグアダルーペ聖母のキーホルダーです。

???奇跡のマリア「グアダルーペ聖母」とは???

アステカ帝国の滅亡から10年後の1531年12月9日、メキシコ郊外のテペヤックの丘での事。

ミサに向かう先住民のファン・ディエゴの前に、突如後光を放つ褐色の肌をした女性が現れました。
そして、彼にこう言ったのです。
「私は、聖母マリア。この地に聖堂を建ててほしいと司教に伝えて欲しい。」と。
ディエゴは司教にその事を話しましたが、司教は信じず証拠を求めました。

のちの「グアダルーペの日」となる12月12日。
再び彼女がディエゴの前に現れ、冬には咲かないはずの薔薇を与えました。
そして病気で苦しむの叔父の回復を告げたのです。

ディエゴは司教にその事を告げ、証拠の薔薇を包んでいたマントを開きました。
すると薔薇が床に落ち、マントには聖母マリアの姿が映し出されたのです。
司教はすぐに聖堂を建てるように命じました。
聖母マリアの言う通り、ディエゴは病気の叔父が回復した事を目の当たりにしました。
そして、聖母マリアの希望通りこの地に聖堂が建てらたのです。

これが、「グアダルーペ聖母の奇跡」と言われる所以です。
薔薇のモチーフや、男性と向き合っているデザインが多いのは、この伝説によるものなのです。
バチカンでも公認の聖母出現の地として語られており、世界三大奇跡の1つとされています。

商品名:グアダルーペ聖母「マリア像」のキーホルダー
サイズ:縦5cm 横4僉
重量 :7g
素材 :紙、プラスチック、木
原産国:メキシコ



【 配送 】 

レターパックプラス、レターパックライト、スマートレター対応。
*複数ご購入の場合、宅配便に変更させて頂くこともございます。
*ご注文の前にこちらをご確認ください


【 ご注意 】

*メキシコより直輸入にて商品を管理をしております。
 現地の制作環境には限界があり、形に歪みや小さな傷・汚れがある場合がございます。
*サイズや重さに若干ズレがある場合もございます。
*自然光や照明の当たり方によって、同じ商品でも色味が異なって見える場合がございます。
*お使いのパソコン・スマートフォンなどの機種によって、実際の色味と見え方が異なる場合がございます。
*こちらの商品は比較的ぼんやりとした絵で、はっきりとした輪郭は見えない作りとなっています。


【 返品 】

*イメージ違い等のお客様のご都合による返品には応じかねますのでご了承ください。
 万が一著しい不良品・配送時による破損・商品の送り間違いがあった場合は、7日以内にご連絡ください。
 ご連絡次第、返品・交換させて頂きます。
 ご注文の前にこちらをご確認ください