【メキシコ製】パペルピカド 切り絵 ガーランド 飾り 死者の日 ガイコツ メキシカンスカル つづり型S(紙タイプ)

235

440円(税込)

在庫状況 残り7です

デザインをお選びください
購入数

暮らしに遊び心を添えるカラベラのガーランド

映画の世界を楽しめちゃうカラベラのパペルピカド 、伝統的なメキシコ版切り絵です。

パペルピカドとは、スペイン語で「刻まれた紙」を意味します。
映画リメンバーミーでもお馴染み 。





こちらの商品は、骸骨をかたどった死者の日によく目にする切り絵。
紐をほどいて表サイドに引っ張ると、骸骨の切り絵がつづられたようなガーランドです。
サイズは、縦に24cmくらいの小ぶりなタイプです。
薄紙タイプで雨風に弱いので、お部屋等室内に飾るのがオススメ。
何気なく飾るだけでも印象がガラッと変わって、気持ちがウキウキします。

【デザインをお選びください】
※ランダムに色を重ねて切り絵にしている為、同じ色の配列はほぼありません。カラーはお任せ頂いております。

*かぼちゃ*



*骸骨*



*魔女*



*蜘蛛*



ハロウィンやクリスマスなどのイベントはもちろん、普段からお部屋のちょっとした所に飾ると暮らしが特別なものに感じるから不思議。
メキシコのパーティーに参加するような、本場風情を楽しめます。

こちらはハットをパペルピカドに見立てた目に楽しい使い方。



等間隔に並べるだけでも、華やかな印象になります。
たくさんのパペルピカドを連ねて、楽しんでみてはいかがですか。


ーー Informacion ーー

パペルピカドは、「パペルデチーナ」と呼ばれる特殊な加工を施した薄い紙を数十枚綴りにし
オリジナルのデザインが彫られているビニール製の透明な図面を上に当てて固定し
「フィエリート」と呼ばれるノミとハンマーを使って打ちながら彫り進めて製作されています。



パペルデチーナ(中国の紙)と呼ばれているには由来があります。
元々パペルピカド は現在使われている紙ではなく、アステカの時代から「アマテ」と呼ばれる
イチジクの樹皮から作られる厚紙で製作されていました。



その後スペインの征服を経て19世紀半ば、メキシコの労働者と農民は
お金持ちが所有する農場で販売されていた製品を購入する事を、余儀なくされていました。
その中の一つがのちのパペルデチーナとなる薄い紙でした。
中国移民による剪紙という技術を取り入れ、現在のパペルピカド はプエブラ州の
サンサルバドールウィスコロトラの村を起源とし、1930年ごろに近隣の村へ
1960年ごろにメキシコシティへ広がったと言われています。
1998年には、パペルピカド はプエブラ州の文化遺産として指定されました。
後にアメリカやヨーロッパで展示会が行われ、世界的にも認められた伝統工芸品です。

メキシコでは死者の日はもちろん記念日やイベント、レストランやメルカドなど至る所に飾られています。






商品名:パペルピカド 切り絵 ガーランド 飾り 死者の日 ガイコツ メキシカンスカル つづり型S(紙タイプ)
サイズ:縦24僉7僉〜澗里良海猟垢橘90
材質 :紙
原産国:メキシコ



【 配送 】 

レターパックプラス、レターパックライト、スマートレター対応。
*ご注文の前にこちらをご確認ください


【 ご注意 】

*繊細な商品ですので、お取り扱いには十分にご注意ください。
*メキシコより直輸入にて商品を管理をしております。
 切り絵は加工の過程で折れ曲がっていたり少し破れていたり、紐がほつれている場合もございます。
*ひとつひとつ手作りの為、サイズや全体の長さにズレが生じる場合もございます。
*お使いのパソコン・スマートフォンなどの機種によって、実際の色味と見え方が異なる場合がございます。


【 返品 】

*イメージ違い等のお客様のご都合による返品には応じかねますのでご了承ください。
 万が一著しい不良品・配送時による破損・商品の送り間違いがあった場合は、7日以内にご連絡ください。
 ご連絡次第、返品・交換させて頂きます。
 ご注文の前にこちらをご確認ください